見出し画像

不動産販売はバーチャルに 衛星画像と3Dマップを最大限に活用する

Mapbox Japan

不動産販売は、以前まで業者の案内で物件を内見するのが主流でした。しかし、VR技術の進歩と感染症の流行による需要増加により、無数のバイヤーが実際に家を見る前に、まずバーチャルで物件見学をするようになりました。

VR技術とは?

VR(Virtual Reality)とは、どこからでも3次元空間に入り込むことができる技術です。パソコンとヘッドセットがあれば、マップや写真、ゲームにログインして、その空間を仮想的に歩き回ることができます。不動産の場合、実際に足を運ぶことなく物件を見学することができます。

パンデミック時には、土地や住宅のVRツアーが人気を博し、潜在顧客が実際に訪問する前にその場所の雰囲気を知ることができるようになりました。今でもVRツアーは買い手と売り手の間で人気を維持しています。

土地、家、物件の見学にVRを使うメリット

物件見学におけるVR技術の普及が進むことで、不動産取引において買い手と売り手の双方が時間と費用を節約できるというメリットがあります。
買い手にとってのメリット
対面式の物件見学には欠点があります。いくらで買えるのか、どこにあるのか、どう感じるのか、など現地で体験しないとなかなか伝わりません。 しかしそれには時間とお金がかかります。
これらの問題を解決するのがVRツアーです。VR技術により、買い手は好きな時にその空間に関わることができます。最近の調査では、VRツアーによって無駄な内覧を40%削減できることが分かっています。
海外の買い手にとっても、VRツアーは必要不可欠です。VR技術を使えば、たとえ地球の反対側にいても、自分の視点でその場所を見ることができます。仕事を休んだり、高価な航空券を購入したりすることなく、遠くの物件を見ることができるため、買い手にとってのアクセスは大幅に拡大します。
売り手のメリット
VRツアーは、購入希望者の市場を広げるだけでなく、不動産販売者にもいくつかのメリットをもたらします。
VR技術を導入した不動産物件は、導入していない物件に比べて閲覧数が87%多いだけでなく、その閲覧数は顧客維持率の向上にもつながります。
また、VRツアーは、興味のない顧客を排除するのに最適な方法でもあります。VRツアーの後、その物件が自分に合わないと判断した顧客は排除され、売り手は、購入する可能性の高い顧客だけにリソースを割り当てることができます。
さらに、VRとマッピングの技術により、物件の正確な面積と寸法を提供することは、売り手にとって大きな関心ごとです。
VRツアーで買い手は物件の物理的な寸法を見ることができるため、VRやマッピング技術は、売り手が買い手候補にこれらの透明性を担保し、混乱やトラブルを回避するのに役立つツールです。

最後に、VRツアーは、その物件に興味を持つ可能性のある買い手の規模を拡大することができます。あなたの地域の不動産購入に興味を持つ海外のバイヤーが、以前は見逃していたかもしれないあなたの物件を見ることができるのです。

MapboxがVR体験を最大化するためにできること

Mapboxは、購入希望者が実際にその場所に行かなくても、その空間を体験できるように、最高の衛星画像と3Dマップを提供することに取り組んでいます。Camera APIを使用することで、売り手は顧客が仮想の風景を移動できるような自由形式のビューを作成することができます。
また、アダプティブ・プロジェクションの新機能により、小さなスケールから全景までシームレスに移動できるようになり、クローズアップ写真から鳥瞰図までのズームがスムーズにできるようになりました。大きな地図を数秒で読み込んでスタイル設定できるため、全員に素晴らしいバーチャル体験を提供することができます。

パンデミック後の世界では、顧客はバーチャル不動産インターフェイスに信頼を寄せるようになりました。土地、不動産の売買に関わらず、Mapboxの衛星画像と3D地図でバーチャルを体験してみてください。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】


お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!