新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ヨーロッパの世界遺産を巡る旅をWebマップで - ユネスコ | Mapbox Community

パンデミックの影響で、世界遺産をオンラインで体験してもらうことの重要性はますます高まっています。ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)のチームは、世界遺産のような特別な場所や地域をコロナ禍でも人々に知ってもらい、歴史や文化を伝えるために、Webマップを使った新しい体験を構築しています。

ユネスコの起源は、約1世紀前に国際連盟によって設立された国際知的協力委員会にまで遡ります。その使命は、後世のために重要な場所を保護・保存することへと発展し、現在のような大変動の時代において、その重要性は特に増しています。コロナ禍のロックダウンは、旅行や探索に依存している地域の経済を脅かし、景観にも影響を与えています。また、ストーンヘンジ付近の道路建設をめぐる論争のように、世界遺産は開発から圧力を受け続けています。

このような状況のなか、私たちMapboxはマッピングツールの提供を通じてユネスコを支援しています。


イギリスの歴史とインタラクティブマップの出会い

現在イギリスには、ユネスコ世界遺産やその他のユネスコによる文化保護プロジェクトなどに関連した場所や地域が171個あります。英国ユネスコのコミュニケーションチームは、多様かつ新たなオーディエンスを獲得し、世界遺産や保護地域とその周辺コミュニティの認知度を高めるために、そのような場所や地域をよりわかりやすく可視化するマッピングソリューションを使ってWebサイトを刷新するプロジェクトに着手しました。世界遺産のウェブサイトでは珍しく、保護されたエリア全体をポリゴンで表現しています。刷新により、このWebサイトではイギリスの素晴らしい世界遺産や世界ジオパーク、生物圏保護区を、いつでもどこでも探索することができるようになりました。

画像1

英国ユネスコは、世界遺産や保護地域に関する位置情報をデジタル化するという大変な作業をすでに行っていました。Mapboxは、彼らのデータをインタラクティブなショーケースにするために、インパクトツールであるテンプレート「Finder」とMapbox Studioを使ってサポートしました。また、場所や地域の種類ごとにカスタムアイコンを用意するなど、ウェブサイトの全体的なデザインをマップのデザインと統一する方法も一緒に考案しました。

英国ユネスコ国内委員会 政策・研究・コミュニケーション部門長マシュー・ラバグリアティ氏「数ヶ月間、Mapboxのコミュニティチームと一緒に仕事ができてよかったです。このコラボレーションを通じて、私たちのチームは基本的なGISスキルを習得し、パワフルでありながら直感的なMapbox Studioやその他のツールを将来的には私たち自身で使用できるようになりました。」 

画像2

▼ 英国ユネスコのWebサイト


歴史を感じる旅

また、ナショナルジオグラフィックとEUとのパートナーシップにより、ユネスコは「World Heritage Journeys Europe」を開発しました。このインタラクティブなWebサイトでは、ヨーロッパの世界遺産を新たな方法と視点で探索することができ、遺産の価値を守り、支える地域コミュニティを支援する方法なども紹介しています。

ウェビー賞(*)にノミネートされたこのサイトでは、ヨーロッパの隠れた地下を探検したり、古代ローマを旅したり、歴史ファンを魅了するロマンチックな伝説のゆかりの地を訪れたり、著名な王宮や庭園を散策したりといった、ヨーロッパの歴史を巡る4つのユニークな旅を体験することができます。

*インターネットにおける優秀作品を評価するアメリカの国際賞

画像3

このWebサイトでは、各場所や地域に関する豊富な情報と、衛星画像や写真、カスタムスタイルの静的およびインタラクティブなマップが組み合わせられています。また各メディアとメタデータのライブラリは、高速なElebaseデータベースを使用して地理空間データと結合されています。

画像4

▼ World Heritage Journeys Europe


歴史の未来

テクノロジーは、その場所の経験を呼び起こし、魅力的かつより多くの人がアクセスできるフォーマットによってコンテンツを提示する新しい方法を切り開いています。ユネスコのチームは、Webマップの改善に成功したことを受けて、LiDARやAR(拡張現実)、個々の遺跡の詳細な3Dモデリングなど、遺跡にさらに豊富な情報を加えるための新しいロケーションツールを模索し続けています。

歴史や旅行が好きな人なら誰でも、歴史上の人々や文化と同じ場所に物理的に立つことに特別な意味があることを知っているはずです。探索すべき豊かな文化的・歴史的コンテンツが多くある中で、地図は私たちと場所を繋ぎ、場所を守り、そして再び旅ができるようになった時に向けて旅を計画するのに役立つでしょう。


・・・


Mapboxは、国連機関や国際機関、非営利団体や教育機関など、様々なポジティブな影響力を持つ団体と提携しています。Mapbox のサポートをご希望の方は、Mapboxコミュニティチームまでご連絡ください。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

この記事が参加している募集

雨の日をたのしく

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
15
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact