見出し画像

スマートウォッチ × 地図でフィットネスやアウトドアスポーツに革新を - Suunto7 | Built With Mapbox

スポーツウォッチなどを提供するフィンランド発の精密機器メーカー「Suunto(スント)」は、昨年2020年に同社初のプレミアムスマートウォッチであるSuunto 7を発表しました。Suunto 7はGoogleのWearOSを搭載したスマートウォッチですが、MapboxのMaps SDK for Androidを活用することで、特にオフライン環境下でのアウトドア・アクティビティでも高機能でUXの高い地図を提供するための、革新的な機能を備えています。

本記事では、Suunto 7のMapboxを使った機能のうち、特に注目すべき機能をいくつかご紹介します。

画像1


ヒートマップで最適な道を見つける

Suunto 7を腕に装着して最初に驚くのは、ウォッチフェイスです。ユーザーの位置情報や70種類以上のスポーツに合わせてカスタマイズされた見事なヒートマップでは、他のユーザーたちに最も人気なアクティビティのルートが可視化されます。ランニングやハイキング、サイクリングに最適な道を発見するのにとても役立つ機能です。

画像3


シームレスなオフラインマップ体験

Suunto 7は、周辺エリアのオフラインマップを自動的にダウンロードし、インターネットに接続できない場所に行っても、ルート表示マップの美しい表示や、表示速度、豊富なディテールをシームレスに維持します。表示されるデータには、地形の等高線や経路、その他アクティビティに特化した詳細情報が含まれます。これらのデータが自動的にダウンロードされることで、次のアクティビティの前に準備することが一つ減ります。

画像3


アクティビティに応じたマップのスタイル

Suunto 7では、70種類以上のエクササイズモードと、アクティビティに応じて切り替わる4つのマップスタイルを用意しています。スノーボードやクロスカントリースキーをする際、Suunto 7では自動的にトレイルを表示する冬用のマップスタイルが表示され、山の奥地でオフラインになっても状況に応じた方向感覚を保つことができます。またバイクでツーリングをする際には、近くのバイク用トレイルやアウトドアの名所をハイライト表示するアウトドア用のカスタムマップスタイルが表示されます。

画像4


スマートウォッチであるSuunto 7の他にも、Suuntoが提供しているスマホアプリではアクティビティを計画・記録したり、アクティビティログを友人や家族と共有したり、Stravaと直接同期したりすることができます。


・・・


あなた独自の位置情報データを活用したウェアラブル・デバイスを構築してみませんか?Suunto 7で活用されているMobile Maps SDKの詳細についてはこちらをご覧ください。

*本記事はMapbox Inc. Blogの翻訳記事です


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

この記事が参加している募集

休日のすごし方

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact