Mapbox Japan
病床数拡大のために代替医療施設の候補地を地図上に可視化する|Built with Mapbox
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

病床数拡大のために代替医療施設の候補地を地図上に可視化する|Built with Mapbox

Mapbox Japan

病院を拡張するためのスペースを見つけ、治療や検査へのアクセスを向上させるために、UrbanFootprintのデータサイエンティスト、公衆衛生専門家、エンジニアのチームは、代替医療施設のマッピングを行いました。

症例数が増加しているロサンゼルスでは、UrbanFootprintが新型コロナウイルス感染症の発症率と死亡率のデータを毎日提供し、地域内のすべての病院をマッピングしてその能力を評価することにより、患者ケアへの需要が急増する可能性がある地域を特定しています。

UrbanFootprintのプラットフォームは、既存の医療施設から1マイル以内で、路面駐車場だけでなく、移動式医療用テントを設置できる可能性のあるホテルも検索することが可能です。

病院が既存の許可病床を拡大する能力がない場合、UrbanFootprintは代替医療施設の候補地として近隣の広大な敷地を見つけることができます。

UrbanFootprintは、近隣の代替医療施設を探すだけでなく、公共交通機関を利用したアクセスも考慮しています。
医療施設までの交通アクセスが中程度から高いレベルで向上していることが、以下の画像の赤い部分から示されています。

以下は、これらの地域にある、新たな検査や代替医療の拠点となる可能性のある駐車場とホテルの一覧です。水色の部分は、公共交通機関を利用して病院まで25分以内で行ける地域、灰色の部分は、公共交通機関を利用して25分以上かかる地域を示しています。

また、この地図では、基礎疾患を持つ人々や極度の貧困など、リスクを抱える人々が多く住む地域の医療サービスへのアクセスのギャップが強調されています。
例えば、ジェファーソンパークとライマートパークは、慢性的な病気のリスクが平均より高いものの、病院への交通アクセスが悪いため、この地域には医療現場ステーションを追加することが望ましいとされています。

黄色の地域は慢性疾患のレベルが高く、交通アクセスが悪く、既存の病院まで25分以上かかる薄灰色のゾーンと交差している地域もあります。

UrbanFootprintは、これらの地域を特定し、医療現場ステーションを近くに設置することが有益である可能性を強調しています。


*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】


お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

Mapbox Japan
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact