災害に備えて
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

災害に備えて

Mapbox Japan

災害への対応、復旧作業、防災に役立つ地図事例のご紹介

アメリカの西部では山火事が多く発生します。昨今、カリフォルニア州では大規模火災が発生し、避難勧告や大気汚染警報が発令されました。加えてCOVID-19の流行により、社会生活はさらに困難な状況を迎えてしまいました。
こういった自然災害への対応をMapboxでは地図や画像、位置情報などでサポートします。

Mapboxでは今まで、LA Timesの山火事マップ、Pyregenceの火災予測、Sparetheair.orgによる沿岸地域の大気質予測プロジェクトなどに支援を行いました。

画像1

            ▲左:LA Timesの山火事マップ、右:Pyregenceの火災予測マップ

例えば、米国森林局の「Wildfire Risk to Communities」ポータルサイトは、米国中の家庭やコミュニティの問題点を可視化し、山火事被害を軽減するのに役立っています。

画像2

                                     ▲米国森林局の山火事リスクマップ

KQEDとCalMattersが公開した「Older and Overlooked」のように、地図は復興後も当時のデータやストーリーを知るのにとても役立ちます。

画像3

                       ▲ストーリーテリングマップ「Older and Overlooked

Mapboxは、山火事をはじめ、自然災害対策に地図を活用をしようとしている皆様を支援します。詳しくはお問合せください。

画像4

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
Mapbox Japan
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact