見出し画像

不動産業界でMTSが選ばれる理由 - MTSを使って位置情報データの活用を促進する | Mapbox Tiling Service(MTS)

不動産業界では、不動産の売買に関する意思決定にデータ可視化・分析マップが利用されることが多いです。その際、マップに求められる特徴は、不動産に関するデータが詳細かつ密度が高く、日々の意思決定に役立つよう最新のものであるということです。

米国だけでも、1億5500万の不動産区画と16万6000の地域があると推定されています。さらに区画データには、詳細な境界線や所有者情報、売買証書や抵当権、差し押さえ状況などの不動産に関するメタデータが含まれています。また不動産周辺の近隣データには、犯罪率やPOI(関心地点)、学校の評価や地区に関する情報、住宅価格や洪水リスク、また価格動向など、刻々と変化するメタデータが数多く含まれています。

MTS (Mapbox Tiling Service) は、大量のデータをカスタムのベクタータイルセットとして処理し、データの変化に応じてマップを継続的に更新します。 そして、タイルセットを作成することで、マップのパフォーマンスが向上します。複数のAPIコールや低速のバックエンドデータベースへのクエリを行う代わりに、ベクタータイルセットに接続され、事前にロードされたカスタムレイヤーを使用するマップは、スムーズで非常に高速です。

位置情報データ活用の拡充とバックエンドインフラの拡張で不動産業界をリードする

不動産ビジネスは、全世界で9.6兆ドル、米国では国内総生産のうち3.6兆ドル(17.4%)を占めると推定される大規模ビジネスであり、その規模は拡大の一途をたどっています。不動産企業とそのテクノロジーパートナーは、データの提供とバックエンドのインフラを拡張し、この市場規模の拡大に対応する必要があります。Mapboxを導入している企業では、位置情報データの可能性を最大限活かすことで、業界をリードしています。

Georadixは、CoreLogicなどの不動産業界の顧客に対し、地理空間マッピングやデータ可視化・解析を通じて位置情報データを活用することでマップの活用を高度化する支援をしています。

Georadix社CEO アンソニー・マッキノン氏「Mapbox Tilesets APIを利用する最大の価値は、Mapboxのプラットフォームとエコシステムにあります。不動産データは緻密で複雑なので、データを処理するための強力なツールが必要です。Mapboxを使うことで、素晴らしいビジュアライゼーションや、タイルセット作成後にインタラクティブで動的なマップを作成することができます。」

TopHapは、Mapboxを使って簡単な物件検索機能や他の地域の分析機能、道路レベルまでの詳細なデータを提供することにより、不動産業界の顧客が特定地域に関する詳細なインサイトを得ることを支援しています。特定地域により詳しくなることで、彼らの顧客は最高の取引をしていることを確認できるのです。

TopHap CTO デニス・クヴォスティオノフ氏「ユーザー体験という点では、Mapboxに勝るものはありません。今日、他の選択肢はないと思います。」

画像1

▲ TopHapより

不動産スタートアップのDeepblocksは、財務データや市場データを地域特有の建築規制と組み合わせて完全にリアルタイムで分析し、あらゆる不動産開発に最適な戦略を生み出すソフトウェアを提供しています。また世界中の都市の詳細な不動産データベースを持っており、都市やデベロッパーがいつ、どこで、何を建てるかを決める際に役立つインサイトを与えます。

画像2

画像3

Utah Real Estateは、MTSを使って「Interactive Parcel Map Layer Search」を構築しました。不動産業界向けの新プロダクトであるこのレイヤーは、不動産物件、区画、郡、バス路線、鉄道駅などのデータをホスティングするMTSのタイルセットを利用しています。

Utah Real Estate リードエンジニア - ピーター・ハモンド氏「MTSを利用するのはとても効率的です。UI上でも高速に動作し、実装も非常に簡単です。

画像4

画像5

How Loudが提供しているSoundscore™を活用することで不動産企業は、仲介サイトや不動産物件に騒音マップを埋め込むことができます。Soundscore™の評価スコアは、環境騒音を50(非常にうるさい)から100(非常に静か)の間の数値で表しています。

画像6

How Loudの創業者であるブレンダン・ファレル氏は先日、Mapboxと共同で、FEMAなどの洪水データを使った米国内の詳細な洪水浸水想定区域を可視化する洪水マッププロジェクトを開始しました。全米では約1,460万の土地が洪水のリスクにさらされており、このマップは洪水のリスク管理に関心のある保険会社やその他の組織に貴重な情報を提供します。

画像7


分散・並列処理でより高速に

MTSは、分散並列処理を用いてデータの作成と更新を行っています。そのため、同等のツールを用いた標準的な単一サーバーのセットアップよりもはるかに高速にデータを処理できます。こちらのチュートリアルでは、ロードアイランド州の建物データからより詳細なインサイトを得るために、建物の形状図データを使ってMTSタイルセットを作成する方法をご紹介しています。

不動産データなどのカスタムタイルセットを作成するには、以下の方法からMTSを利用してみてください。

MTS Data Sync:GeoJSONデータをベクタータイルとして公開するためのノーコード・ツールです。
Tilesets CLI:MTSでタイルセットを作成するためのコマンドラインPythonツールです。
Tilesets API: コントロール性を高めるために、HTTP APIエンドポイントを使用してMTSにアクセスし、データの準備とアップロードを行います。

また、こちらのサンプルレシピのライブラリでは、他のMTSユーザーが得たMTS利用のヒントやベストプラクティスが共有されています。ぜひチェックしてみてください。


・・・


MTSについてもっと詳しく知りたい方は、MTSのドキュメントをご覧ください。また、プロダクトについての詳細なご相談はセールスまでお問い合わせください。
*本記事はMapbox Inc. Blogの翻訳記事です


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact