見出し画像

運転をより賢く、より安全に|Mapbox ADAS SDK

Mapbox Japan

この度、Mapboxはインテリジェント・スピード・アシスト(ISA)をサポートしたADAS SDKを発表しました。ISAは、ドライバーが法定速度を超過することを警告または防止する車載用安全システムです。Mapbox ADAS SDKは、ISA機能のために制限速度情報を持った地図データを提供します。

Mapboxは、毎日地図データを更新するADAS SDKを提供しています。Mapboxは数百万のセンサーから24時間ごとに速度制限情報を更新し、安全な運転環境の構築のために交通状況の変化を正確かつ迅速に反映すると同時に、業界で最も通信帯域の効率性と利便性を兼ね備えた製品を提供しています。

▲Mapbox ADASマップはオンラインでの評価用に公開されています。開発者はこのページからMapboxの制限速度データのサンプルを見ることができます。

欧州委員会のデータによると、死亡事故の30%は不適切な速度による運転が直接の原因となっています。また、欧州交通安全委員会のデータによると、ISAシステムを完全に採用することで、衝突事故を30%、死亡事故を20%減らすことができる可能性があることも分かっています。
欧州連合の一般安全規則(GSR)は、2022年以降に欧州で販売されるすべての新型乗用車に、現在の制限速度を常時表示し、制限速度を超えた場合はドライバーに警告するシステムの搭載を義務付けています。2024年からは、欧州で販売されるすべての新車にこの規制が適用される予定です。

Mapbox ADAS SDKのISA機能は、95%の精度で制限速度を認識し、自動車メーカーが要求する90%の制限速度精度(GSR基準)に適合することが出来ます。しかし、欧州の制限速度の10%以上は毎年変更されるため、頻繁に情報が更新されない地図ではGSRの遵守と十分な安全を確保できません。
しかし、Mapbox ADAS SDKを搭載した車は、購入時だけでなく毎日データが更新されるため、常にGSR基準を上回ることが出来ます。これにより、自動車メーカーは常に最高の安全性能を兼ね備えた車を提供することができます。Mapboxの制限速度データは、道路からのライブ車両検出を含む数百万のデータにより毎日更新されています。

「Mapbox ADAS SDKとインテリジェント・スピード・アシスト(ISA)は、ドライバーが今いる場所からどこへでも安全に移動するための機能を提供します。これは、マーケットで最も新鮮なデータを更新し、提供します。当社のライブ・インテリジェント・ロケーション・プラットフォームは、毎日、データを最新の状態にする事で継続的に安全性を確保し、お客様に最高の運転環境を提供します」

ギャレット・ミラー氏(Mapbox ナビゲーション統括マネージャー)

また、Mapbox ADAS SDKにより、自動車メーカーはクルーズコントロールの予測や動力部分の管理などの機能を、正確な制限速度、道路の曲率、道路の傾斜情報によってより正確に行うことができるようになりました。

EUの研究によると、クルーズコントロールの機能はドライバーの快適性を向上させると同時に、死亡事故を18%減少させることが分かっています。ドライバーにとって、スピード違反は衝突による死亡事故のリスクを高めるため、正確な制限速度の情報は大きな安全要因になります。さらに、制限速度を守ることで罰金が減り、保険料が最大で20%安くなるため、車の所有にかかる総費用が減るというメリットもあります。

Mapbox ADAS SDKは、センサーデータとユーザーからリアルタイム情報に基づき、すべての車に効率的な地図データを提供します。これにより、データの正確性と鮮度を可能な限り高く保つことができます。Mapbox独自のPredictive Tile Cachingアルゴリズムにより、地図データの帯域幅使用量は100Mb/月未満に抑えられています。Mapbox ADAS SDKはオフラインソリューションとして展開することも可能です。これにより、自動車メーカーは、接続が制限されている、あるいはまったく接続されていない自動車に安全機能を提供することができます。Mapbox ADAS SDKのデータには、特定の状況下(雨、霧、車種など)でのみ速度制限が適用されるEUの条件付き速度制限がすべて含まれています。これは、Mapboxの制限速度データセットの精度を高める大きな要因となっています。

Mapbox ADASのデータは、こちらの手順でAndroidでの評価も可能になりました。開発者は、このオンライン評価ツールでMapbox ADASの地図データの品質を評価することができます。Mapbox ADAS SDKは軽量なモジュール式アーキテクチャを採用しており、ビジュアルナビゲーションをサポートしないインフォテインメントシステムを含む幅広い自動車で動作させることが可能です。日々の更新、通信帯域の効率化、統合の柔軟性により、自動車メーカーは重要なADAS安全機能をより多くの車両に搭載し、運転をより安全にすることが出来ます。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】


お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!