Mapbox Japan
Optym:リアルタイムの車両管理で配送の最適化|Built with Mapbox
見出し画像

Optym:リアルタイムの車両管理で配送の最適化|Built with Mapbox

Mapbox Japan

米国のトラックドライバーの年間走行距離は1,400億マイルを超えます。週に数千件の配送を行う場合、1日に1件配送できなくても大したことはないと思われるかもしれませんが、それは何十万円もの収入減につながります。
配送システムにとって効率は重要であり、だからこそOptymは小口トラック配送(LTL)ソリューションRouteMAXにMapboxを活用し、1日あたり 40,000件以上の配送を最適化できるようにしました。

Optymの最適化エンジンは、ドライバーのサービス時間要件、車両能力、および積み下ろしの滞留時間を組み込んでいます。
RouteMAXは、Mapboxの交通情報対応ETA(到着予定時刻)を活用することで、交通状況や事故の変化に応じてリアルタイムに更新し、管理者に情報を提供します。

"Mapboxのサービスを統合するのは簡単で、我々の製品ニーズに合わせてカスタマイズすることができました。RouteMAXは、MapboxのルーティングAPIを活用し、ルート最適化エンジンで作成した最適なルートを地図上にプロットします。さらに、描画ツール、ジオコーディング、楽しいアニメーションなどの豊富な機能により、RouteMAXはトラック運送業界の中で、機能豊富で使いやすいSaaS製品として位置付けられています。

" -ランバブ・ヤドラパリ氏、シニアプリンシパルソフトウェアエンジニア@Optym


"地図と地図ベースのワークフローは、RouteMAXにおいて非常に重要な機能です。Mapboxのおかげで、プレーンな地図と衛生写真の両方で、流動的な配送を視覚化できるようになりました。また、ユーザーが必要に応じてルート変更を行う際も、Mapboxは非常に直感的に操作することができます。"

- Optym シニアプロダクトアナリスト、バラス・ナラヤナン氏

Optymは、管理者とドライバーに適切な情報を、適切なタイミングで表示するために、カスタムMapbox GL JSマップスタイルを設計し、管理者はマップ上で直接ルートや集荷/配送の場所を編集できるようにしました。
配送の効率化は、ドライバーが直接玄関先まで行けるかどうかにかかっています。商業施設の配送拠点が建物の裏側にあるように、店舗へのアクセスとは全く別の場所にあることがよくあります。このような場合、正しい配達場所を見つけることができれば、配達ルートが短縮され、配達の失敗を防ぐことができます。
RouteMAXのユーザーは、Mapbox Satelliteを使って地図上で正確な配達場所を選ぶことができ、無駄な時間を減らすことができます。

早速使ってみましょう

Mapboxアカウントにサインアップして、車両管理アプリの構築を始めてみましょう!


*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】


お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

Mapbox Japan
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact