デジタル地図を使ってスポーツを盛り上げたい! 道への恩返しを込めた「ツール・ド・東北 2021」開催まであと35日|Mapbox Japan社内報
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

デジタル地図を使ってスポーツを盛り上げたい! 道への恩返しを込めた「ツール・ド・東北 2021」開催まであと35日|Mapbox Japan社内報

お疲れ様です。先月からインターンに参加している吉原です。
つい先日、大学の期末レポートを全て提出し、やっと自由な夏休みを手に入れました!
8月はMapboxのインターンに集中して、皆さんの期待以上の成果を生み出すことを目標に頑張りますので宜しくお願いします!

さて先週は、Mapboxが協賛している9月19日開催の「ツール・ド・東北 2021」のオリエンテーションが開催されました。今回の社内報では、このオリエンテーションについて書かせていただきます。

オリエンテーションのアジェンダ
1.大会に向けてMapboxが込める思い(高田さん)
2.Mapboxの企画(山崎さん)
3.関係者ご紹介
4.大会まで / 大会直前の動き
5.ご協力いただきたいこと
6.質疑応答

場所は、虎ノ門WeWorkから歩いて5分のアスロニアさんが運営する5A sports labで開催されました。
開放的でスポーツ用品が並ぶなかでのオリエンテーションは、ツール・ド・東北のイベントをよりワクワクさせるような素敵な空間でした。

画像1アスロニアさん、素敵な場所をご提供いただきありがとうございました!
(アルコール消毒や室内の換気など、コロナ対策も万全に行いました。)

まず初めに、大会へ向けてMapboxが込める熱い想いを高田さんに話してもらい、道への恩返しも込めたこのイベントでは、「現地で直接応援するのが難しいコロナ禍で、デジタル地図を使ってスポーツを盛り上げたい!」という想いを共有していただきました。

山崎さんには、実際にツール・ド・東北でMapboxがどのように携わるのかを説明していただきました。リアルタイムマップを活用したり、スマイル号(Mapboxライダーが乗る自転車)に取り付けたカメラを生配信したりと現地で応援できない観客も楽しめる企画が紹介されました!

次に、関係者のご紹介が続きます。
ライダー8名の自己紹介と意気込みも共有してもらいました。

画像2初参加の方からトライアスロンを嗜む強者までいて、当日のライダーさんの活躍が楽しみです!


リアルタイムマップ開発に携わるエンジニアの皆さんや当日協力してくださるスタッフの皆さんのご紹介もあり、私たちインターン生も自己紹介させていただきました。

画像3▲緊張しすぎて、なんて自己紹介したか覚えていない私の写真です笑


その後は、ライダーに向けた注意点やアドバイスをベテランライダーの北岸さんにレクチャーしていただきました。

画像4

ここで印象的だったアドバイスを少し紹介したいと思います!
・自転車のネジ締めはしっかり行うこと。(六角レンチが便利)
・転倒時はハンドルから手を離さず丸まること。
・スマホはジップロックなどにしまう

高田さんからは、
・食べ物の準備と水分補給のためにボトルは2本準備すること!
ペース配分では調子乗らない!
とおっしゃっていました。さすが、経験者は実用的なアドバイスを丁寧に教えてくれました。

最後に

大会までの大まかな流れや大会直前の役割分担や細かい流れを説明して、オリエンテーションは終了しました。

一つのイベントにこんなにも多くの方が携わり、それぞれの「道への恩返し」を実行していることを実感できた熱いオリエンテーションでした!
全ての関係者が準備万全でイベントを迎えられるように、大会まであと35日、皆さん頑張っていきましょう〜!

吉原


この記事が参加している募集

オープン社内報

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact