見出し画像

【機能アップデート】衛星画像マップがより美しく、よりシームレスなズームが可能に | Mapbox Satellite

この度Mapbox Satelliteにおいて、ズームレベル8~12の衛星画像データが改善され、より最新で美しい衛星画像マップの作成ができるようになりました。フライトの追跡や天気予報の確認、BI(ビジネス・インテリジェンス)アプリケーションなど、表示範囲が広いマップでさらに美しい背景を表示することができます。今回のアップデートでは、昨年末に行われた高解像度衛星画像のアップデートと同じ画像を使用しており、Landsatの衛星画像の代わりにMaxar社が提供するVividのデータとMODISの衛星画像を組み合わせています。また、Cloudless Atlasの制作以来、私たちはあらゆる表示スケールで最高の衛星画像レイヤーを提供することに努めてきました。今回のアップデートにより、ズームイン時における衛星画像ソース間の切り替え回数を減らし、よりシームレスな2Dおよび3Dマップのユーザー体験を提供します。

画像1

1. ズームと3D地形の読み込みがよりシームレスに

画像2

▲ ローマ上空の衛星画像。改善前(左)と改善後(右)

画像3

▲ バンコク上空の衛星画像。改善前(左)と改善後(右)

今回のアップデートでは、Landsatの画像データからVividの画像データへの切り替えをなくし、ズームをする際の2D表示や、3D表示における詳細レベルに応じたタイルの読み込みが滑らかになりました。また、全体的に雲の量が大幅に減り、クリアな外観になりました。これらの改善内容は、コードの変更やアップデートをすることなくご利用いただけます。

画像4

▲ 富士山付近における中解像度の衛星画像から高解像度の衛星画像へのシームレスな切り替え

画像5

▲ 地平線付近の詳細度の低いタイルを読み込む際、ズームレベルに関わらず一貫したカラーリングを実現

私たちの提供するマップでは様々な画像ソースを使用しており、ソースのネイティブ解像度に応じて、それぞれ異なるズームレベルにおいて表示されます。これまでは、MODISのデータをズーム0〜7に、Landsatのデータをズーム8〜12に、Maxar社のVividのデータをズーム13〜18に使用してきました。また、ズームレベル18以上については、Nearmapやその他オープンソースによる高解像度の航空写真を提供しています。

画像6

▲ アップデート前とアップデート後の各ズームレベルにおけるデータソースの割り当て

Landsatのデータから広いエリアに対応した衛星画像レイヤーを作成するには、何千もの個々のシーンをモザイク処理して合成する必要があるため、時間がかかります。そこで今回、ほとんどのエリアでLandsatデータからVividのデータとMODISのデータを合成したデータに変更したことで、より最新なデータを使用し、色補正もされた衛星画像レイヤーの提供が可能になりました。


2. より最新なデータと色や解像度の向上

Vividのデータに変更したことで、ズームレベル8以上のほぼすべての画像データにおいて平均して過去2年以内に撮影されたものを使用することが可能になりました。近年の都市周辺の開発や気候変動が水域や景観に与えた影響を、色のコントラストや忠実度を向上させながら確認できるようになります。

画像7

▲ ナイル川デルタ周辺の豊かな色彩と開発エリアの拡大

画像8

▲ アラブ首長国連邦・ドバイ周辺の大きな変化

画像9

▲ インド南部とスリランカ周辺の雲と色が向上

画像10

▲ ハワイ諸島周辺のパッチワークの除去

Landsatの空間分解能は最大30mなので、ズームレベル12で見ると細部がつぶれてしまう部分がありました。新しいVividのデータは50cmと解像度が高く、ズームレベル12で表示してもディテールを維持しています。

画像11

▲ カリフォルニア州モントリオールのズームレベル12のタイル。Landsat使用時(左)とVivid/MODIS合成使用時(右)


・・・


早速使ってみましょう!

本記事で紹介した新しい衛星画像データは、Mapbox StudioやMapbox GL JS、Maps SDK for iOS / Androidにて使用可能です。ぜひあなたがつくった衛星画像データを使ったマップを、Twitterで#BuiltWithMapbox を付けてシェアしてみてください!


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
11
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact