世界で最も急速に成長しているワイヤレスネットワーク「Helium」 | Built With Mapbox
見出し画像

世界で最も急速に成長しているワイヤレスネットワーク「Helium」 | Built With Mapbox

IoTのためのクラウドソースネットワークとして急成長しているHelium(ヘリウム)は、Mapboxと協力してホットスポットのオーナーとネットワークユーザーの両方が利用できる新しいExplorer マップを作成しました。

Explorer マップでは、ネットワークが利用可能な場所に六角形のグリッドが重ねられています。各六角形には、範囲内の地域に含まれるホットスポットの数が表示されます。すべてのデータはブロックチェーンに保存されているため、収益やアクティビティ、近隣のホットスポットなどを含むネットワーク上のホットスポットの統計情報を見ることができます。

世界中のビルや住宅地に何十万ものHeliumホットスポットが設置されているため、Heliumはネットワークを簡単に可視化する方法が必要でした。Mapbox Studioを使用して、Heliumのデザイン言語に合わせたブルーのシェーディングを提供し、複雑な透過性と重なり合う色で報酬制度を表示しています。Mapbox GL JS と Maps SDK for Mobile を使用して、Webとモバイルの両方でHelium Explorer マップを素早くレンダリングしました。

画像1

Explorer マップは、IoTネットワーク構築に向けたHeliumのコミュニティ主導のアプローチをサポートしており、これによりHeliumは世界で最も急成長している無線ネットワークになりました。IoT機器に手軽な価格で接続できるネットワークを必要とする企業や消費者にとって、Heliumは急速に普及しています。

Heliumの技術におけるパラダイムシフトは、ブロックチェーンベースのネットワークで、誰でもホットスポットを設置してHelium Networkを拡張することができます。ホットスポットのオーナーは、Helium NetworkをマイニングするためにGPUを操作する必要はありません。その代わりに、自宅やオフィス用のシンプルなデバイスを購入して、新しい暗号通貨である「HNT」を得ることができます。

画像2

Helium のホットスポット、報奨制度、ウィットネス、グローバルカバレッジは、Helium のモバイルアプリで確認できます。

多くの企業と開発者が既にIoTセンサーをHeliumネットワークに接続しています。既存のセンサー、デバイス、ゲートウェイは、LoRaWAN(Long Range Wide Area Network)とブロックチェーン技術の融合であるLongFiを実行するよう簡単に設定できます。その結果、企業は高額な携帯電話の契約をする必要がなく、従来の無線ネットワークよりも格段に安い価格で、余裕を持って事業を拡大することができます。

Heliumは、世界で最も急速に成長しているLoRaWANネットワークです。LoRaWANは、低消費電力で長距離伝送を可能にするネットワークであり、地理位置情報機能を持っています。地理位置情報と長距離伝送の組み合わせは、あらゆる種類のセンサーやトラッキングの素晴らしいユースケースを提供しています。

画像3

Barnacle社はHelium を使って高額貨物の位置と温度をライブトラッキングしています。

画像4

Lime社はHeliumを使ってスクーターやeBikeの位置を追跡します。

画像5

Airly社はHeliumを使って地域の大気汚染に関するハイパーローカルなデータを測定します。

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11


・・・


早速参加してみよう!

もし興味がありましたら、HeliumのDiscordに参加してみてください。このMapboxマップがどのように作られたかについての詳細は、無料のMapboxアカウントを作成するか、お問い合わせください。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact