Mapbox Japan
マッピング技術で小売業のダークストアの理想的なロケーションを見つける
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

マッピング技術で小売業のダークストアの理想的なロケーションを見つける

Mapbox Japan

ダークストアを完璧な立地に設置するのは、小売業者が成功する方法の1つです。この記事では、理想的なダークストアを見つけるためのヒントをご紹介します。

世界的なロックダウンの後、トップに立った小売企業は、市場計画がオフラインからオンライン注文へと変わる(時には再び戻る)ことへの柔軟性がありました。このような変化に柔軟に対応することは、顧客のニーズを迅速かつ正確に満たすために不可欠な要素です。では、どうすれば売上を最大化し、顧客エンゲージメントを高めることができるのでしょうか。それは、実際に買い物客がいない店舗「ダークストア」の開発です。
コロナが小売スキームを大きく変えたように、企業はこのトレンドが今後も続くことを考え、ダークストアの活用を容易にするソリューションを見つける必要があります。

ダークストアとは?

対面式ショッピングから、SNSやオンライン購入に移行するにつれ、ダークストアが大流行となっています。ダークストアは、従来のスーパーマーケットやデパートを模倣していますが、顧客はその店内に入ることができません。その代わり、従業員はオンライン注文を受け、棚から商品を取り出し、顧客に発送します。

多くの小売業者は、在庫管理を強化し、実店舗での運営からダークストアへの移行を決定しています。

コロナ禍で消費者は購入をやめたわけではありません。変化したのは、消費者が自分のニーズに合った商品を見て、購入し、分析するのがオンラインになったことです。

小売業は、実店舗にかける費用を減らし、オンライン市場に力を入れることで対応しました。コロナ禍に「ダーク化」に成功したことで、先進的な企業は、実店舗を持つ小売業者が不安定な時期に成功を収めることができたのです。

Mapboxは、リアルタイム地図、ベクター地図、ジオデータ、人口移動データなどを利用して、企業がダークストアに最適なロケーションを見つけるお手伝いをします。
Mapboxのテクノロジーは、自動車、物流、アウトドア等さまざまな分野で、商品を効率的に顧客に届けるために必要なナビゲーションや物流ツールを提供しています。
この技術は、トップクラスのオンライン小売業者がダークストアの配置戦略を推進するためにも使用できます。

ダークストアの活用によるメリット

アフターコロナの世界でダークストアを利用するメリットをいくつかご紹介します。
メリット1:手頃な不動産
ダークストアは、以前は人気がなかった店舗スペースを、便利な流通センターに変えられます。
一般的に、最適な店舗は人通りの多い場所にあり、賃貸料が高額になります。
一方、ダークストアは、人通りの少ない場所でも成功することができるため、ダークストア事業者は、街で人気な場所に法外な家賃を払うことなく、好立地の店舗を構えることができます。
メリット2:キャパシティーの拡大
ダークストアは、対面式の小売店に比べて、より多くの仕事量をこなすため、より多くの生産、販売、そして長期的には、より多くの利益を得ることができます。
Mapboxは、販売計画、サプライチェーンの最適化、リスク管理に関する深い洞察を提供するデータを作成することで、数多くの企業の生産性レベルの向上を支援してきました。
メリット3:クイック&非接触型ショッピング 
アフターコロナの世界で、顧客はこれまで以上に非接触型ショッピングに注目しています。多くの人はスマートフォンと切っても切れない関係にあり、オンラインショッピングを愛し、モバイルアプリを利用して取引を迅速に行っています。
ダークストアは、こうした消費者が求める利便性と手軽さを提供しています。もちろん、オンラインショッピングは安全で、手の消毒やマスク着用などを心配する必要はありません。
Mapboxでダークストアに最適なロケーションを見つけ、増え続けるオンラインショッピングのニーズを満たしましょう。
メリット4:顧客の期待にオンタイムで応える
ダークストアは、小売業者の注文処理プロセスを迅速化し、顧客ロイヤルティを獲得することができます。
顧客は、そのブランドのオンライン注文の正確さ、迅速な配送に慣れ、長期的なロイヤル顧客になる可能性が高くなります。
Mapbox Logisticsを利用すれば、効率的な発送とオンタイムでの配送を実現する最適な配送ルートを設計することで、小売業者は顧客の期待を上回るサービスを提供することができます。

失敗しないダークストア戦略の作り方

企業が需要に応えるために、どのように失敗しないダークストア戦略を練ればよいのでしょうか。

  • ロケーション・インテリジェンス:膨大なデータが複雑になりすぎないように、事業主はロケーション分析に重点を置く必要があります。

Mapbox Movementを使用すれば、人口移動データを使って、特定の場所の活動、移動、密度を把握できるため、事業主はダークストアの位置効率、交通計画、場所の選定を容易に分析できるようになります。

  • 消費者行動:消費者の行動を分析することも成功への近道です。オンラインショッピングと対面式ショッピングのデータを比較することで、小売業者はマーケティング上の推測を省き、異なるタイプの顧客が何を好むかを特定することができます。

ロケーション・インテリジェンスと消費者行動を分析すれば、どの店舗が対面販売に適しているか、どの店舗がオンラインショッピングに適しているかを特定することができるのです。

Mapboxであなたの店舗をダークストアにする方法 

お客様がダークストア戦略を実現するためにMapboxをどのように活用しているかをご紹介します。

  • 都市のどの部分が活発で、どの部分が静かか(そしていつ)を判断するために、Movement Dataを使用する。

  • MTSとMaps SDKを使用して、注文場所をヒートマップとして可視化し、ホットスポットを見つける。

  • ダークハウスの候補地の周りにアイソクロンAPIを追加し、配達区域の間にスキマがないか、または重複が多すぎないかを確認する。

  • ナビゲーションSDKを使用して、配送ドライバーが配送時間を守り、顧客満足度を向上させる。

Mapboxは、Mapboxのデータによって、配送ビジネスのあらゆるフェーズを簡素化します。配送ルートの設計から、時間通りの配送、顧客満足に至るまで、より詳細な情報や事例、開始方法については、ロジスティクスのページをご覧ください。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

【関連記事】


お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

Mapbox Japan
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact