新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【新機能リリース】Mapbox Studioで3Dマップデザイン | Terrain + Skyコンポーネント

Mapbox Studioではこの度、3D TerrainとSkyレイヤーの追加、最大描画角度の拡大(マップのピッチが60度から85度に)等のアップデートにより、3Dマップでのデザインが可能になりました。これらの機能は、Mapbox GL JSではv2のリリースと同時に追加された機能ですが、本アップデートによりMapbox Studioでも使用可能になります。これにより、Mapbox Studioを用いることで、3Dマップの直接かつノーコードでのデザインが可能になりました。

画像1


3D Terrain

Mapbox Studioのメニューバーにある「Terrain」と書かれたドロップダウンから3D Terrainを設定することで、既存・新規問わず、どのスタイルでも3D表示が可能になりました。ドロップダウンの「Enable 3D terrain」をオンにすると、自動的に新しいDigital Elevation Modelタイル(地形がデジタル表現されたタイル)が追加され、地形の高さが切り替わります。また、「Exaggeration」スライダーで地形の押し出しレベルをコントロールすることもできます。値を0.0にすると、完全に平坦なマップになります、1.0にすると実寸比率のリアルな地形を表示します。1.0より大きい値では、値の大きさに応じて地形の高さが乗算されます。

画像2


Skyレイヤー

Skyレイヤーのスタイルを設定するためにはまず、「Land, water, & sky」コンポーネントを追加します。このコンポーネントは新しいSky APIと対応しており、「Atomosphere」または「Gradient」から空の表現方法を、また「Morning」や「Sunset」など一日の時間帯に基づいた太陽の位置を設定することで空の色味をカスタマイズできます。

画像3


・・・


Mapbox Studioでデザインされた3Dマップは、Mapbox GL JSを介して直接アプリに組み込むことができます。すべてのスタイルは以前のバージョンと互換性があり、古いバージョンのモバイルSDKではフォールバック(新機能を制限して動かす)され2Dで表示することができるので、どのプラットフォームでも3D機能を備えたスタイルを導入することができます。

ぜひあなたがつくった3Dマップを、Twitterで#BuiltWithMapbox を付けてシェアしてみてください!

*本記事で紹介した機能は一部スタイルでご利用いただけない場合がございます。


【お知らせ】

新型コロナウイルス特別支援キャンペーン
Mapbox Japanでは、新型コロナウイルスに関連した情報提供目的でMapboxをご活用いただく場合に、利用料金を無料でご提供する特別支援キャンペーンを実施しております。(申込期間:2021年1月25日~3月31日)
キャンペーンページ


【関連記事】

お問い合わせは下記までご連絡ください
https://www.mapbox.jp/contact

Twitterでは毎日情報を発信しています!ぜひフォローしてください!

嬉しい!ありがとうございます!
4
Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact