Mapbox Japan

Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact

マップボックス・ジャパンCEO高田のマガジン

マップボックス・ジャパンCEO 高田徹の記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 23本

「オープンデータ×地図」の可能性──NHK、新聞社、国・自治体のケーススタディに学ぶ

この記事を読んだとき、「これこそ地図の活用法だ!」と嬉しくなって、すぐにツイッターでもご紹介しました。 書き手はNHKの記者の方で、もともとはガラケーしか使えない「極度のデジタル音痴」だったそうです。 それにもかかわらず、「『浸水リスクエリア』に居住する人が(なぜか)増えているのではないか?」と感じたことをきっかけに、デジタル地図の領域へと一歩踏み出すことになります。 最初は、ハザードマップを印刷して、付箋を貼ってとやってみるのですが、膨大なデータを紙の上で処理するのは

スキ
17

GWに役に立つ! "地図サービス"16選

コロナ禍以降、3度目のGW──。 現段階では、政府も「都道府県をまたぐ移動といった行動制限は必要ない」という見解を示していることもあり、密を避けつつも、遠出を計画している方も多いのではないでしょうか。 あるいは、慎重には慎重を期して、近場のスポットを探している方もいらっしゃることと思います。 遠出でも近場でもお出かけに役に立つのが「地図」です。 目的地に「たどりつく」ためだけではなく、地図は「眺める」だけでも楽しめるコンテンツです。自宅でゆっくりされる方にもおすすめで

スキ
14

「インスタ映え」とTikTok的「コンテクスト消費」──“Z世代の消費“を考える

最近、あるデジタルメディアの経営者の方から「最近のトレンドは、Z世代を中心にInstagram的な“映え”から、“コンテクスト消費”に移行しつつある」という趣旨の話をお聞きしてハッとしました。ここでいうコンテクストは「文脈」というような意味合いです。 これまでは非日常ともいえる「映え」、つまり他者からの「憧れ」の対象となるような経験が重視されてきました。 しかし、最近のZ世代(1990年代中盤から2010年代序盤までに生まれた世代)はもっと身近なもの、自分らしい体験のほう

スキ
250

ウクライナと地図

私たちは有事に接したとき、「情報を集約する」という必要に迫られます。 それが自然災害であっても、戦争であっても。 3月11日──。今年もその日を迎え、当時のことを思い出しています。 あのとき、あの瞬間、私は六本木の東京ミッドタウンにあったヤフー本社で勤務していました。最初は、何が起きたのかわからず、テレビやインターネット等で急いで情報をかき集めました。 そんな中、現在Georepublic Japan代表を務める東修作さん、さらには当時、ヤフーグループの一員だった関治

スキ
25

Mapbox導入事例まとめ

Mapboxの導入事例を紹介した記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 43本

物流の最適化により、燃料費を削減

燃料価格は変動しやすく、配送業務を管理する上で予測が難しいものです。この記事では、燃料費を削減する方法についてご紹介します。 配達サービスにとって、燃料費は最も大きな作業コストの1つとなっています。 燃料関連コストを削減する最も簡単な方法は、より燃費の良い運転をドライバーに指導することです。これにより、毎年1台あたり数百ドルの燃料を節約し、ドライバーの安全性を高め、車両の摩耗や損傷を防止することができます。 ドライバーはどのような低燃費運転テクニックを身につけるべきか?

スキ
1

Mapbox fleetで車両運用を効率的に

カスタマイズされたナビゲーションシステムにより、燃料を最大20%節約、プランニング時間を最大50%短縮 今回はアメリカで先行してPrivate Previewとして公開された「Mapbox Fleet」をご紹介をします。 Mapbox Fleetは、物流会社が時間、費用、燃料を節約して業務を最適化するためのモバイルとウェブの統合アプリケーションプラットフォームです。 物流に特化したMapboxの地図、交通を考慮した最適化エンジン、正確な住所検索、直感的なターンバイターンナ

スキ
1

マッピング技術で小売業のダークストアの理想的なロケーションを見つける

ダークストアを完璧な立地に設置するのは、小売業者が成功する方法の1つです。この記事では、理想的なダークストアを見つけるためのヒントをご紹介します。 世界的なロックダウンの後、トップに立った小売企業は、市場計画がオフラインからオンライン注文へと変わる(時には再び戻る)ことへの柔軟性がありました。このような変化に柔軟に対応することは、顧客のニーズを迅速かつ正確に満たすために不可欠な要素です。では、どうすれば売上を最大化し、顧客エンゲージメントを高めることができるのでしょうか。そ

スキ
1

Optym:リアルタイムの車両管理で配送の最適化|Built with Mapbox

米国のトラックドライバーの年間走行距離は1,400億マイルを超えます。週に数千件の配送を行う場合、1日に1件配送できなくても大したことはないと思われるかもしれませんが、それは何十万円もの収入減につながります。 配送システムにとって効率は重要であり、だからこそOptymは小口トラック配送(LTL)ソリューションRouteMAXにMapboxを活用し、1日あたり 40,000件以上の配送を最適化できるようにしました。 Optymの最適化エンジンは、ドライバーのサービス時間要件、

スキ
2

Mapboxプロダクトアップデートまとめ

Mapboxが提供するプロダクト・サービスのリリース・アップデート情報をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 23本

MapboxアカウントのSAMLシングルサインオンの設定方法について

SAMLシングルサインオン(SSO)がMapboxのすべてのお客様に対して提供されているのをご存じでしょうか。SSOを設定することで、複数のユーザーを持つチームは、より安全に共同作業を行うことができます。 SAML認証により、MapboxアカウントをOkta、Azure Active Directory、GSuiteなどのエンタープライズグレードのIDソリューションに接続可能です。 複数のユーザーがいるチームでは、パスワードを共有したり、誰かがプロジェクトを離れるたびに認証

スキ
1

物流におけるラストワンマイルのルートの可視化と調整|Mapbox route tuner

Mapbox Navigationのプロダクト開発チームは、ルートの可視化と最適化を通じて、物流会社の配送業務の改善に取り組んでいます。 Mapboxのフロントエンドツールは、運行管理者がルートを迅速に視覚化し、停車箇所の即座な調整をサポートします。 ルートの改善により、以下の効果が期待できます。 ・時間の節約 ・ドライバーと顧客満足度の向上 ・燃料使用量の削減 これにより、以下の効果も実現できます。 経費の削減 環境負荷の低減 一見小さな最適化でも、より多くの配送数と、

スキ
3

【他社比較】モバイルアプリ起動時間の高速化|Mapbox Maps SDK for iOS/Android

モバイルアプリの4分の1は、ダウンロードされた後に一度しか起動されません。エンドユーザーに良い第一印象を与えることは、継続利用に不可欠です。アプリのパフォーマンスはユーザーエクスペリエンスの基礎であり、起動時間はパフォーマンスの最も重要な要素の1つです。 Mapbox Maps SDKは、業界をリードする起動時パフォーマンスを実現しています。 Mapbox Maps SDK v10をGoogle Maps SDKやiOSのMapKitと比較してみると、Mapboxの方が速

スキ
4

【新サービスリリース】日本語での検索機能|Mapbox Search API(パブリックベータ)

この度マップボックス・ジャパンでは、日本国内の場所を日本語で検索することができる「Mapbox Search API」のパブリックベータの提供を開始いたしました。 機械学習を生かした独自日本語アルゴリズムで検索結果の精度を向上しています。また、株式会社ゼンリンの品質が高いジオデータを使用し、包括的な住所カバレッジと精密な緯度経度検索が可能です。 Mapbox Search APIに含まれる機能・フォワードジオコーディング:場所を住所で検索し、地理座標を返すことができます。(

スキ
6

Mapbox Spotlight Interview

Mapbox Japanで働くメンバーに迫るインタビュー連載です。地図の可能性を追求し、地図を使った新しいユーザー体験を実装しようと、日々奮闘するメンバーたちの想いや仕事を覗いてみませんか?

すべて見る
  • 6本

カナダ移住・大企業で経験を積んだモバイルエンジニアがMapboxを選択した理由|Mapbox 入社エントリー

Mapbox Japan の Senior Mobile Engineer の Norio Egi です。2021年8月に SoftBank を退職し、2021年9月に Mapbox Japan にJoinしました。iOSとAndroid向けにMapboxの地図上へ表示する広告(プロモーテッドピン)の開発を担当しています。 本記事は入社エントリーということで、なぜ今Mapboxへ転職したのか、Mapboxの魅力はなんなのかをお伝えしていきたいと思います。これを読んでくれてい

スキ
4

グローバルな活躍を目指すフリーランスエンジニアがMapboxを選択した理由|Mapbox 入社エントリー

初めまして、今年で32歳、エンジニア歴8年目、岐阜の地からフルリモートで活動している桑原と申します。今年の8月からMapbox JapanのApplication Engineerとして働いております。 この12月で入社からちょうど4ヶ月になるため、自分のこれからの意気込みと、他の会社にはない特徴や強み、面白みを持ち合わせたMapbox Japanという会社について皆様にお伝えすべく、入社エントリーなるものを書きました。 🏃‍♂️ 自己紹介 & これまでのキャリア✔︎ 地

スキ
8

お客様の成功に寄り添い、地図の新たな可能性を探る| Mapbox Spotlight Interview #3

2020年3月に合弁会社として設立されたMapbox Japan。まだまだスタートアップですが、その分プロダクトへの熱量が高く、魅力的なメンバーが揃っています。地図の可能性を追求し、地図を使った新しいユーザー体験を実装しようと、日々奮闘するメンバーたちの想いや仕事を覗いてみませんか?Mapbox Japanで働くメンバーに迫る本シリーズ「Mapbox Spotlight Interview」。第3回は、テクニカル・アカウント・マネージャーの尾崎直子が登場。 【プロフィール】

スキ
7

【対談】Mapbox 山崎さんに聞く:「地図」×「広告」の可能性と未来

※本記事は、アタラ合同会社が運営するオウンドメディア『Unyoo』にて掲載されたものの転載記事です。元記事はこちら ウェブ地図は現在、店舗の表示や経路検索、データマッピングやナビゲーション、位置情報ゲームといった消費者のさまざまな生活シーンで利用されており、私たちの生活に欠かせないものとなりました。 今後、スマートウォッチやスマートグラスといったスマートデバイスの普及により、IoT化がますます進む中で、地図はさらに利活用が進むと考えられています。 こうした現状を踏まえ、

スキ
6

道に恩返しする - ロードスポーツに関する取り組みまとめ

道に恩返しする - Mapbox Japanにおけるロードスポーツに関する取り組みまとめ

すべて見る
  • 6本

ランニングアートでイヌを表現?! テストランレポート|Mapbox Japan社内報

お疲れ様です。インターンの吉原です。 今回は、22日の日曜日にMapboxの企画で行われたテストランについて書きたいと思います。 テストランでは何をしたの? ロードスポーツを応援するために開発している「リアルタイムマップ」やライダーの自転車に搭載した車載カメラからのYouTube生配信をテストするために、ライダーさんに都内をを走行してもらいました。 今回協力してくださったライダーさんは、高田さんと株式会社ペダルノートの小原さんです!2人には都内35kmのコースを走行して

スキ
7

デジタル地図を使ってスポーツを盛り上げたい! 道への恩返しを込めた「ツール・ド・東北 2021」開催まであと35日|Mapbox Japan社内報

お疲れ様です。先月からインターンに参加している吉原です。 つい先日、大学の期末レポートを全て提出し、やっと自由な夏休みを手に入れました! 8月はMapboxのインターンに集中して、皆さんの期待以上の成果を生み出すことを目標に頑張りますので宜しくお願いします! さて先週は、Mapboxが協賛している9月19日開催の「ツール・ド・東北 2021」のオリエンテーションが開催されました。今回の社内報では、このオリエンテーションについて書かせていただきます。 オリエンテーションのア

スキ
9

50億を超えるランニングやサイクリングのアクティビティを3D地形上にマッピング - Strava | #BuiltWithMapbox

Mapboxを導入いただいている、ランニングやサイクリングなどのアクティビティを記録するサービス 「Strava」にて、自分のアクティビティを3Dで見ることができるようになりました。Stravaの有料ユーザーは、ウェブサイトのパーソナルヒートマップ上で、丘陵や谷の起伏に沿って描かれた過去のアクティビティのルートを驚くほど詳細に見ることができます。 Stravaの有料ユーザーは、サイドバーで「3Dモード」を有効にすることで、Stravaにアップロードしたすべてのランニングやラ

スキ
40

スマートウォッチ × 地図でフィットネスやアウトドアスポーツに革新を - Suunto7 | Built With Mapbox

スポーツウォッチなどを提供するフィンランド発の精密機器メーカー「Suunto(スント)」は、昨年2020年に同社初のプレミアムスマートウォッチであるSuunto 7を発表しました。Suunto 7はGoogleのWearOSを搭載したスマートウォッチですが、MapboxのMaps SDK for Androidを活用することで、特にオフライン環境下でのアウトドア・アクティビティでも高機能でUXの高い地図を提供するための、革新的な機能を備えています。 本記事では、Suunto

スキ
42