Mapbox Japan

Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact

Mapbox Japan

Mapbox Japanの公式noteです。地図づくりをスマートにする地図開発プラットフォームを提供しています。主にサービスの最新情報や導入事例などを発信します。 お問い合わせはこちら:https://www.mapbox.jp/contact

マガジン

  • マップボックス・ジャパンCEO高田のマガジン

    マップボックス・ジャパンCEO 高田徹の記事をまとめたマガジンです。

  • Mapbox導入事例まとめ

    Mapboxの導入事例を紹介した記事をまとめたマガジンです。

  • Mapboxプロダクトアップデートまとめ

    Mapboxが提供するプロダクト・サービスのリリース・アップデート情報をまとめたマガジンです。

  • Mapbox Spotlight Interview

    Mapbox Japanで働くメンバーに迫るインタビュー連載です。地図の可能性を追求し、地図を使った新しいユーザー体験を実装しようと、日々奮闘するメンバーたちの想いや仕事を覗いてみませんか?

  • 道に恩返しする - ロードスポーツに関する取り組みまとめ

    道に恩返しする - Mapbox Japanにおけるロードスポーツに関する取り組みまとめ

リンク

マップボックス・ジャパンCEO高田のマガジン

マップボックス・ジャパンCEO 高田徹の記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 27本

自動運転と地図──人間に代わって「働くロボット」を調べてみた

自動改札、セルフレジ、スマホの音声認識、Siriなどのバーチャルアシスタント──。 AIやロボットが日常に溶け込みはじめている昨今。業務・サービスロボットの技術革新・市場投入のスピードが加速していることは、読者のみなさんも体感されているのではないでしょうか。 ロボットと聞いて、専門外の私がぱっと思い浮かんだものを並べだけでも、2000年以降、さまざまなロボットが登場していることがわかります。 2000年代以降、ビックデータの活用が広がり、AIブームが再来したことも影響し

スキ
6

“旅行“と”地図“ビジネスのCEOが考える「新たな観光の可能性」

コロナ禍を経て、「観光」「旅」に対する消費者ニーズは急速に変化しつつあります。訪日外国人旅行者数の急激な減少や、観光地やリゾート地で働く「ワーケーション」(ワーク+バケーションを合わせた造語)などが、その代表例です。では、これから「観光」「旅」はどう変わるのでしょうか? 今回のnoteでは、Tabist株式会社(旧OYO Japan) 代表取締役社長 兼CEOの田野崎亮太さんをゲストにお招きし、二人で話した内容を記事にしました。これからの「観光」「旅」をめぐる話のなかには、

スキ
25

「スポーツ×地図」でDXする7つの方法

メジャーリーガーの大谷翔平選手が渡米したのは、2018年。怪我の時期もありましたが2021年は本塁打王を争うだけでなく、投げては9勝と名実ともに二刀流を実践しました。2022年も躍動する大谷選手の活躍は、熱心なファンでない人々の心をも確実に動かしています。 また、スポーツといえば、2021年は「東京五輪」が開催され、ここ数カ月の間だけでも、サッカー日本代表戦、プロ野球の交流戦、ボクシングのバンタム級世界3団体王座統一戦など、スポーツ界のビックイベントが続いています。そして、

スキ
21

アフターコロナと地図──「Google I/O 2022」から考える

グーグルが毎年開催している開発者会議「Google I/O」。地図サービス開発プラットフォームを提供する会社の代表として「さすがグーグル」と私が感じたサービスが2つありました。 1つ目は、Googleマップの“Immersive View(イマーシブ・ビュー)”。2つ目つは“Look and Talk”を含む音声アシスタントの機能強化です。 ユーザーは移動コストに見合う体験を求めるGoogleマップの“Immersive View”は、動画を見ていただくのがいちばん早いか

スキ
44

Mapbox導入事例まとめ

Mapboxの導入事例を紹介した記事をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 51本

Stravaマップによるパーソナライズされたルート提案|Built with Mapbox

Stravaは、膨大なデータとコミュニティによってキュレーションされ、パーソナライズされたルート提案をしています。 マップは、ランニング用とツーリング用の2ルートを提供し、目的距離の設定、「急」か「平坦」などの高低差の選択、過去のワークアウトの速度に基づくパーソナライズされた到着予定時間を表示します。 ヒートマップレイヤーを切り替えると、ルートの各セクションの人気度が表示されます。他にも標高の詳細データから急な上り坂を確認したり、路面が舗装から未舗装へ変化する道などを知り、

スキ
2

マイクロモビリティビジネスのための位置情報活用

正確な位置情報ツールがマイクロモビリティビジネスに必要な重要な機能を提供 都市部では、混雑、自動車保有による高いコスト、環境への影響などの懸念から、移動手段としてマイクロモビリティを利用する人が増えています。しかし、自転車、原付、スクーターなど共有の乗り物の車両管理は困難です。 マイクロモビリティのビジネスでは、多くの乗車予約を獲得することが重要ですが、リピーターを増やすためには、高い品質を提供することも重要です。 アプリの読み込みが遅く、利用可能な自転車やスクーターを探す

World Central Kitchenの食事配給所マップ|Built with Mapbox

分散したクラウドソーシングデータをGoogleスプレッドシートからマッピングする シェフのホセ・アンドレス氏が率いる非営利組織のWorld Central Kitchen(以下、WCK)は、レストラン、シェフ、キッチンを組織し、新型コロナウイルスの流行で困っている全米の人たちに、健康的で新鮮な食事を安全に配給しています。 Chefs for Americaの全国マップは、クラウドソーシングのデータを基に、3種類の場所で利用可能な食事を表示しています。学校、レストラン、WCK

スキ
1

オンラインショップにおける機会損失を減らすためのトップ戦略

カートの購入漏れによる毎年何千億円もの機会損失を防ぐために、オンラインショップの購入プロセスを高速化する ECによって、企業は世界中の顧客にアプローチできるようになりました。しかし、大きなチャンスがある一方で、課題もあります。デパートでショッピングカート内の商品が売れないということはありませんが、オンラインショッピングのカートは、そうとは限りません。 ECのカートの未購入率は平均69.82%です。10人のうち7人近くが、手続きが完了する前に購入を断念しています。EC業界で

スキ
1

Mapboxプロダクトアップデートまとめ

Mapboxが提供するプロダクト・サービスのリリース・アップデート情報をまとめたマガジンです。

すべて見る
  • 23本

MapboxアカウントのSAMLシングルサインオンの設定方法について

SAMLシングルサインオン(SSO)がMapboxのすべてのお客様に対して提供されているのをご存じでしょうか。SSOを設定することで、複数のユーザーを持つチームは、より安全に共同作業を行うことができます。 SAML認証により、MapboxアカウントをOkta、Azure Active Directory、GSuiteなどのエンタープライズグレードのIDソリューションに接続可能です。 複数のユーザーがいるチームでは、パスワードを共有したり、誰かがプロジェクトを離れるたびに認証

スキ
2

物流におけるラストワンマイルのルートの可視化と調整|Mapbox route tuner

Mapbox Navigationのプロダクト開発チームは、ルートの可視化と最適化を通じて、物流会社の配送業務の改善に取り組んでいます。 Mapboxのフロントエンドツールは、運行管理者がルートを迅速に視覚化し、停車箇所の即座な調整をサポートします。 ルートの改善により、以下の効果が期待できます。 ・時間の節約 ・ドライバーと顧客満足度の向上 ・燃料使用量の削減 これにより、以下の効果も実現できます。 経費の削減 環境負荷の低減 一見小さな最適化でも、より多くの配送数と、

スキ
2

【他社比較】モバイルアプリ起動時間の高速化|Mapbox Maps SDK for iOS/Android

モバイルアプリの4分の1は、ダウンロードされた後に一度しか起動されません。エンドユーザーに良い第一印象を与えることは、継続利用に不可欠です。アプリのパフォーマンスはユーザーエクスペリエンスの基礎であり、起動時間はパフォーマンスの最も重要な要素の1つです。 Mapbox Maps SDKは、業界をリードする起動時パフォーマンスを実現しています。 Mapbox Maps SDK v10をGoogle Maps SDKやiOSのMapKitと比較してみると、Mapboxの方が速

スキ
4

【新サービスリリース】日本語での検索機能|Mapbox Search API(パブリックベータ)

この度マップボックス・ジャパンでは、日本国内の場所を日本語で検索することができる「Mapbox Search API」のパブリックベータの提供を開始いたしました。 機械学習を生かした独自日本語アルゴリズムで検索結果の精度を向上しています。また、株式会社ゼンリンの品質が高いジオデータを使用し、包括的な住所カバレッジと精密な緯度経度検索が可能です。 Mapbox Search APIに含まれる機能・フォワードジオコーディング:場所を住所で検索し、地理座標を返すことができます。(

スキ
6

Mapbox Spotlight Interview

Mapbox Japanで働くメンバーに迫るインタビュー連載です。地図の可能性を追求し、地図を使った新しいユーザー体験を実装しようと、日々奮闘するメンバーたちの想いや仕事を覗いてみませんか?

すべて見る
  • 6本

カナダ移住・大企業で経験を積んだモバイルエンジニアがMapboxを選択した理由|Mapbox 入社エントリー

Mapbox Japan の Senior Mobile Engineer の Norio Egi です。2021年8月に SoftBank を退職し、2021年9月に Mapbox Japan にJoinしました。iOSとAndroid向けにMapboxの地図上へ表示する広告(プロモーテッドピン)の開発を担当しています。 本記事は入社エントリーということで、なぜ今Mapboxへ転職したのか、Mapboxの魅力はなんなのかをお伝えしていきたいと思います。これを読んでくれてい

スキ
4

グローバルな活躍を目指すフリーランスエンジニアがMapboxを選択した理由|Mapbox 入社エントリー

初めまして、今年で32歳、エンジニア歴8年目、岐阜の地からフルリモートで活動している桑原と申します。今年の8月からMapbox JapanのApplication Engineerとして働いております。 この12月で入社からちょうど4ヶ月になるため、自分のこれからの意気込みと、他の会社にはない特徴や強み、面白みを持ち合わせたMapbox Japanという会社について皆様にお伝えすべく、入社エントリーなるものを書きました。 🏃‍♂️ 自己紹介 & これまでのキャリア✔︎ 地

スキ
8

お客様の成功に寄り添い、地図の新たな可能性を探る| Mapbox Spotlight Interview #3

2020年3月に合弁会社として設立されたMapbox Japan。まだまだスタートアップですが、その分プロダクトへの熱量が高く、魅力的なメンバーが揃っています。地図の可能性を追求し、地図を使った新しいユーザー体験を実装しようと、日々奮闘するメンバーたちの想いや仕事を覗いてみませんか?Mapbox Japanで働くメンバーに迫る本シリーズ「Mapbox Spotlight Interview」。第3回は、テクニカル・アカウント・マネージャーの尾崎直子が登場。 【プロフィール】

スキ
7

【対談】Mapbox 山崎さんに聞く:「地図」×「広告」の可能性と未来

※本記事は、アタラ合同会社が運営するオウンドメディア『Unyoo』にて掲載されたものの転載記事です。元記事はこちら ウェブ地図は現在、店舗の表示や経路検索、データマッピングやナビゲーション、位置情報ゲームといった消費者のさまざまな生活シーンで利用されており、私たちの生活に欠かせないものとなりました。 今後、スマートウォッチやスマートグラスといったスマートデバイスの普及により、IoT化がますます進む中で、地図はさらに利活用が進むと考えられています。 こうした現状を踏まえ、

スキ
6

道に恩返しする - ロードスポーツに関する取り組みまとめ

道に恩返しする - Mapbox Japanにおけるロードスポーツに関する取り組みまとめ

すべて見る
  • 6本

ランニングアートでイヌを表現?! テストランレポート|Mapbox Japan社内報

お疲れ様です。インターンの吉原です。 今回は、22日の日曜日にMapboxの企画で行われたテストランについて書きたいと思います。 テストランでは何をしたの? ロードスポーツを応援するために開発している「リアルタイムマップ」やライダーの自転車に搭載した車載カメラからのYouTube生配信をテストするために、ライダーさんに都内をを走行してもらいました。 今回協力してくださったライダーさんは、高田さんと株式会社ペダルノートの小原さんです!2人には都内35kmのコースを走行して

スキ
7

デジタル地図を使ってスポーツを盛り上げたい! 道への恩返しを込めた「ツール・ド・東北 2021」開催まであと35日|Mapbox Japan社内報

お疲れ様です。先月からインターンに参加している吉原です。 つい先日、大学の期末レポートを全て提出し、やっと自由な夏休みを手に入れました! 8月はMapboxのインターンに集中して、皆さんの期待以上の成果を生み出すことを目標に頑張りますので宜しくお願いします! さて先週は、Mapboxが協賛している9月19日開催の「ツール・ド・東北 2021」のオリエンテーションが開催されました。今回の社内報では、このオリエンテーションについて書かせていただきます。 オリエンテーションのア

スキ
9

50億を超えるランニングやサイクリングのアクティビティを3D地形上にマッピング - Strava | #BuiltWithMapbox

Mapboxを導入いただいている、ランニングやサイクリングなどのアクティビティを記録するサービス 「Strava」にて、自分のアクティビティを3Dで見ることができるようになりました。Stravaの有料ユーザーは、ウェブサイトのパーソナルヒートマップ上で、丘陵や谷の起伏に沿って描かれた過去のアクティビティのルートを驚くほど詳細に見ることができます。 Stravaの有料ユーザーは、サイドバーで「3Dモード」を有効にすることで、Stravaにアップロードしたすべてのランニングやラ

スキ
40

スマートウォッチ × 地図でフィットネスやアウトドアスポーツに革新を - Suunto7 | Built With Mapbox

スポーツウォッチなどを提供するフィンランド発の精密機器メーカー「Suunto(スント)」は、昨年2020年に同社初のプレミアムスマートウォッチであるSuunto 7を発表しました。Suunto 7はGoogleのWearOSを搭載したスマートウォッチですが、MapboxのMaps SDK for Androidを活用することで、特にオフライン環境下でのアウトドア・アクティビティでも高機能でUXの高い地図を提供するための、革新的な機能を備えています。 本記事では、Suunto

スキ
42