マガジンのカバー画像

Mapboxプロダクトアップデートまとめ

21
Mapboxが提供するプロダクト・サービスのリリース・アップデート情報をまとめたマガジンです。
運営しているクリエイター

#スタートアップ

【新機能リリース】ヒートマップやアイコンを使ったデータ可視化がさらに簡単に | Mapbox Studio

この度、Mapbox Studioにデータ可視化のための新しいコンポーネントが2つ追加されました。これにより、合計6つのData VisualizationコンポーネントがMapbox Studioで利用できるようになったため、スタイルに表示するデータビジュアライゼーションの順序を変更できる機能も追加しました。 1.Symbolsコンポーネント Symbolsコンポーネントでは、Mapbox GL JSの複雑な操作をしなくても、簡単にカスタムデータをアイコンやラベルにより可

スキ
24

【機能アップデート】AIと衛星画像を活用したデータ抽出で車線案内機能の対応範囲が300%拡大 | Mapbox Navigation SDK

この度、衛星画像(*1)に写っている5万キロ以上の道路から自動で属性データを抽出するAIを活用したマッピングにより、車線(レーン)案内機能の対応範囲を300%拡大しました(*2)。この新しい車線案内機能は、「Mapbox Dash」や「Straightaway」など、Navigation SDKを使用して作られたすべてのアプリでご利用いただけます。車線案内機能は、ドライバーが特定の運転操作(右折や左折)をする際に、移動すべき特定の車線を視覚的に伝えるもので、ドライバーの安全性

スキ
39

【新バージョンリリース】レンダリングパフォーマンスとオフライン機能の大幅な向上 | Mapbox Mobile Maps SDK v10 リリース候補(RC)版

この度、Mapbox Mobile Maps SDK v10.0.0-rc1(リリース候補版)がAndroidとiOSで利用可能になりました。最新のリリース候補版SDKでは、v10の強力でパフォーマンスに優れたモバイルマップ体験をGoogle PlayやApple App Storeの本番アプリに導入することができます。 v10のパブリックベータ版は1月に公開されましたが、それ以来パフォーマンスの最適化やインターフェースの安定化を行い、多くのバグを解消してきました。またパブ

スキ
35

【新バージョンリリース】3Dマップで霧の表現が可能に + 標高データのクエリが高速化 | Mapbox GL JS v2.3.0

この度Mapbox GL JS v2.3がリリースされ、3Dにおける新機能やいくつかのパフォーマンス向上、データ値を反映したスタイリング機能の拡張などが実装されました。新しく追加された霧の表現で3Dマップの奥行き感を向上させたり、拡張されたスタイリングプロパティでスタイルを簡素化したり、標高データのクエリから地形の標高プロファイルを生成したりすることが可能になります。 1. 霧の表現が可能に今回のリリースでは、マップのビジュアルをより美しくするため、レンダリング効果である霧

スキ
33

【新バージョンリリース】高解像度の衛星画像と3D地形がオンプレミスでも利用可能に | Mapbox Atlas v2.8

この度Mapbox Atlas v2.8がリリースされ、高解像度の衛星画像データと3D地形、GL JS v2の3Dマップ、米国とヨーロッパにおける1億1,500万件の改善された住所、そしてスタイルコンポーネントを、セルフホスティングでもご利用できるようになりました。Atlas v2.8ではこれまで以上にセキュリティが強化されており、コンテナとアプリケーションの依存関係を完全にスキャンすることで、セキュリティとリスク管理に関する米国情報管理法(FISMA)に準拠しています。これ

スキ
29

【新バージョンリリース】データ更新の高速化 + 3D地形上の建物の屋根が水平に | Mapbox GL JS v2.2.0

この度Mapbox GL JSのv2.2.0がリリースされました。今回のアップデートにより、Webブラウザ「Safari」におけるGeoJSONデータの更新パフォーマンスが向上、3D地形上に表示される建物の屋根が水平に表示されるようになりました。また、新しく実装された継続的インテグレーション(CI)テストモードでは、自動テストスイートにMapboxを追加することで、さらに優れたユーザー体験の提供に活用することができます。 1. データ更新の高速化により、レンダリングがスムー

スキ
31

【機能アップデート】衛星画像マップがより美しく、よりシームレスなズームが可能に | Mapbox Satellite

この度Mapbox Satelliteにおいて、ズームレベル8~12の衛星画像データが改善され、より最新で美しい衛星画像マップの作成ができるようになりました。フライトの追跡や天気予報の確認、BI(ビジネス・インテリジェンス)アプリケーションなど、表示範囲が広いマップでさらに美しい背景を表示することができます。今回のアップデートでは、昨年末に行われた高解像度衛星画像のアップデートと同じ画像を使用しており、Landsatの衛星画像の代わりにMaxar社が提供するVividのデータ

スキ
32

【新機能リリース】MTSで作成したタイルセットの情報を視覚的に確認する - Tileset Explorer | Mapbox Studio

この度Mapbox Studioにおいて、Mapbox Tiling Service(MTS)で作成されたタイルセットを管理するための強力なインターフェースがリリースされました。新しくリリースされたTileset Explorerを使うことで、タイルセットの情報を簡単に確認でき、本番デプロイ用に最適化されたデータを準備することができます。また、タイルセットのサイズ分布やレイヤーの情報、個々のフィーチャに関する情報を素早く確認することができます。 1. タイルサイズを確認する

スキ
25

【新機能リリース】PaddingとBoundingBoxで静的なマップ画像の表示を思い通りに| Mapbox Static Images API

Mapbox Static Images APIにおけるビューポートの制御をより思い通りに! この度、Mapbox Static Images APIのリクエストに2つのオプションが追加されたことで、静的なマップ画像のパディングの微調整とバウンディングボックスによるビューポートの設定ができるようになったため、より簡単に、そしてより思い通りに静的画像の表示をコントロールできるようになりました。 1. 画像のパディングStatic Images APIリクエストに追加された一つ

スキ
21

【新バージョンリリース】モバイルアプリで3Dマップが利用可能に + iOS Metal / Kotlin / Swiftへの対応 | Mapbox Mobile Maps SDK v10 β版

この度、Mapbox Mobile Maps SDKのv10がβ版としてリリースされ、新しい3D TerrainやCamera API、Sky APIに対応したため、AndroidとiOSで3Dマップのご利用が可能になりました。また、v10のレンダラーとSDKアーキテクチャでは、iOSのMetalへの対応や、パフォーマンスの向上、開発の高速化と安定性を高める堅牢なAPIの提供、Androidアプリ開発言語であるKotlinとiOSアプリ開発言語であるSwiftへの対応などが実

スキ
24

【新機能リリース】Mapbox Studioで3Dマップデザイン | Terrain + Skyコンポーネント

Mapbox Studioではこの度、3D TerrainとSkyレイヤーの追加、最大描画角度の拡大(マップのピッチが60度から85度に)等のアップデートにより、3Dマップでのデザインが可能になりました。これらの機能は、Mapbox GL JSではv2のリリースと同時に追加された機能ですが、本アップデートによりMapbox Studioでも使用可能になります。これにより、Mapbox Studioを用いることで、3Dマップの直接かつノーコードでのデザインが可能になりました。

スキ
18

【新機能リリース】ノーコードでデータの3D可視化 | Mapbox StudioのData Visualizationコンポーネント

この度Data VisualizationコンポーネントがMapbox 3Dマップとシームレスに統合され、すべてのユーザーがMapbox Studio上で利用できるようになりました。3D Terrain(3D地形表示)とデータ・ビジュアライゼーションを組み合わせることで、お持ちのデータから新たなインサイトを得ることができます。例えば、嵐がどのように地形の上を横切って移動しているのかを理解したり、次に大雨が降る場所を予測したり、今後のハイキングや往復の距離を計画したり、都市部の

スキ
21

【新バージョンリリース】3Dマップ / Camera API / Sky API | Mapbox GL JS v2

この度、新しいWeb SDKであるMapbox GL JS v2をリリースしました。すべてのマップが3Dで表示されるようになり、カメラとマップの表示を自在に制御するため低レベルAPIであるCamera APIをリリースしました。これにより、マップの最大ピッチが60度から85度に増加し、新しいSky APIと組み合わせることで、地理的な位置や時間帯に基づいて太陽の位置をシミュレートすることができます。これまでに構築されたアプリケーション、スタイル、カスタムデザインされたマップは

スキ
14