Mapboxプロダクトアップデートまとめ

19
【新機能リリース】国土地理院データを利用した地形タイル (パブリックベータ版) を提供|Vector Terrain for Japan
+5

【新機能リリース】国土地理院データを利用した地形タイル (パブリックベータ版) を提供|Vector Terrain for Japan

この度、Mapbox Japanから、等高線データを含んだ地形タイルをパブリックベータとして提供いたします。 ▲左: mapbox vector terrainを使用したoutdoorスタイル 右: mapbox-japan japan-gsi-contourベースのoutdoorスタイル 地形タイルの特徴 ・国土地理院のデータを利用 ・等高線(Contour)、標高点(ElevPt)、測量の基準点(GCP)の提供 ・ズームレベル: 8 - 16(等高線), 13-6

スキ
5
【新バージョンリリース】ナビゲーションを次のレベルへ|Navigation SDK Version 2.0 リリース候補(RC)版
+6

【新バージョンリリース】ナビゲーションを次のレベルへ|Navigation SDK Version 2.0 リリース候補(RC)版

この度、2021年3月のパブリックプレビューを経て更なる改善を行い、Mapbox Navigation SDK 2.0のリリース候補版がAndroidとiOSの両方で利用可能になりました。開発者はNavigation SDK 2.0を使って、Google PlayやApple App Storeでのナビゲーションを組み込んだモバイルアプリケーションの本番展開に向けて準備できるようになります。 Mapbox Navigation SDK 2.0は出発地から目的地まで、充実した

スキ
8
【新機能リリース】車のナビゲーションの新常識「Mapbox  Horizon」を発表
+1

【新機能リリース】車のナビゲーションの新常識「Mapbox Horizon」を発表

この度、Navigation SDK V2に含まれる次世代プロダクト「Mapbox Horizon」がパブリックベータとしてリリースされました。 Mapbox Horizonは、制限速度、事故、渋滞、またはカスタムデータセットなど、道路に関連する情報をドライバーに予測的に提供します。また、ドライバーがターンバイターン方式(進行方向を音声や矢印アイコンなどで表示する表示方式)のナビゲーションを利用していない場合でも、10km先までの情報を提供します。 Mapbox Hori

スキ
6
【新機能リリース】タイルサイズの制限をカスタマイズ可能に|Mapbox Tiling Service
+3

【新機能リリース】タイルサイズの制限をカスタマイズ可能に|Mapbox Tiling Service

Mapbox Tiling Service (MTS) では、デフォルトの制限値を増加させ、タイルサイズの制限値を設定できるようになりました。MTS では、大量のデータの視覚化やタイルセットの反復作業を改善させ、従来よりも 2.5 倍から 5 倍の機能をタイル化することが可能になります。 タイルサイズの制限が 500KB から 1,250KB に増加しました 従来はユーザーが素早くシームレスに地図を閲覧できるように、MTS は各レイヤーにサイズ制限を設けたタイルセットを生成

スキ
3